中日吉の家

 TOP WORKS

   
 
 
   
  
お気に入りの蔵書を楽しむご夫婦の住宅です。
    光を取り入れつつ、プライバシーを確保するため、外周部の窓は高い位置に設置し、
中庭に向けて大きな開口を取るコートハウスの形式としました。

    車いすを使用することになっても住むことができるよう、動線、出入口と廊下の幅等配慮をしています。
    家の中央に位置する奥様のワークスペースはコンパクトですが、巾広の廊下と一体で使用でき、中庭のウッドデッキとつながります。
アンティークテディベアと手作りテディベアがさりげなくなじんだ暖かい家になりました。